歌詞 1991 warbear

作詞
Yuuki Ozaki
作曲
Yuuki Ozaki
ヘイ 呼びかけて フェンスの向こうから 僕を見つめてる -1991- 僕らを知っている? ねぇ僕のそばにいる? 風に追い立てられ 頬には赤みがさし 両手いっぱいのおもちゃ 独りになることがなく 夜を抱く 許されて さあ 偽りの ペンキの窓から 僕らは落ちていく -1991- 行ったり来たりする 僕らはどこにいる? 君は理解されず 腕を力なく下ろし 黄金に輝くおもちゃ みんな繋がっているよ 夜を抱く 許されず -1991- 意味なんてなかったんだ そう フェンスに絡む蔦 時々わからなくなるんだ 何が僕をこんな気分にさせるのか 僕らの頬をひっぱたいてよ おもちゃはもういらないよ それでもう ゆるされる?
warbear
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る