歌詞 16 andymori

作詞
小山田壮平
作曲
小山田壮平
なんでもない日を 繰り返し歌い続けてから幾年が過ぎ 約束ばかりが 増えていく 空っぽの空のむこうに どこにもいけない 彼女たち 駅の改札を出たり入ったり 変れない明日を 許しながら なんとなく嘘をつくのさ 16のリズムで 空をいく 可愛くなれない性格で 全然違うことを 考えながら 優しいんだねって嘘をつくのさ 空がこんなに 青すぎるとなにもかも捨ててしまいたくなる 空がこんなに 青すぎるとこのまま眠ってしまいたい 16 のリズムで 空をいく 昔の 誰かに 電話して 貰った花をまた枯らしながら今度呑もうねと嘘をつくのさ 祈りを込めて 歌うように 神様に会いにいくように 16 のリズムで 空をいく 明日もずっと空をいくのさ
歌ってみた 弾いてみた