歌詞 最期の川 CHEMISTRY

作詞
秋元 康
作曲
井上ヨシマサ
なぜに空見上げるのだろう? どこかで立ち止まる度 誰にも話せない悲しみを 心が話しかける 歩いて来た長い道を ここから振り返れば 僕が思うよりも 輝いた日々だと教えられた どんな時も 僕のそばで 君が共に笑った 過ぎた歳月(とき)は 何かが足りなくて… でも気づいたのは '愛こそがすべて'さ 「しあわせだった?」なんて 聞かないでくれ 愛しき人 腕に抱きしめて 僕が聞きたいよ 君がしあわせだったか? 終わらない道はきっとない 見送る人 涙拭いて 背中見届けて… 僕は一人きり この川を今渡る 僕がいなくなった後は 時々空見上げて 君のことをずっと 太陽の近くで見守ってる 姿かたち 見えなくても きっと君は感じる 目を閉じれば 懐かしいぬくもり そう 孤独を包む 僕は陽射しになる どれだけ愛してたか 思い出して 大事な人 君を残すこと それがつらかった 前へ歩いて欲しい 永遠の愛はきっとある 忘れないで 一人じゃない 離れ離れでも 君のその胸に 僕はまだ生きている 「しあわせだった?」なんて 聞かないでくれ 愛しき人 腕に抱きしめて 僕が聞きたいよ 君がしあわせだったか? 終わらない道はきっとない 見送る人 涙拭いて 背中見届けて… 僕は一人きり この川を今渡る 何も悔いはない 生まれてよかった 心からありがとう
最期の川 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた