歌詞 愛さえあればなんにもいらない アンジュルム

作詞
イイジマケン
作曲
炭竃智弘
どんなに一緒にいても 分かり合うことってとてもムズカシイ どんなに笑いあっても 一人になると寂しくて涙が出る 目に見えるものは儚く脆いもの だから心の奥で 繋がっていたい 愛さえあればなんにもいらない 泣けちゃうくらい大大大スキ 次から次へ浮かぶ疑問は 全部ひとつの答えなの 愛さえあればなんにもいらない 飾らないでぶつかろう 今日も明日も来週も来月も 愛を持って生きるんだ 素直になれないのは 昨日今日始まったことなんかじゃない アレコレ気にするほど 当たり前な動きも不自然になっちゃう 好きなものは好きって言えりゃいいのに 言葉にできない想い 気づいて欲しい 愛さえあればなんにもいらない 理屈なんて大大大キライ 次から次へ浮かぶ言葉は 全部アイツのことばかり 愛さえあればなんにもいらない 恐れないで踏み出そう 誰かに何て言われてもいい 愛を持って強く強く生きるんだ 愛さえあればなんにもいらない 泣けちゃうくらい大大大スキ 次から次へ浮かぶ疑問は 全部ひとつの答えなの 愛さえあればなんにもいらない 理屈なんて大大大キライ 次から次へ浮かぶ言葉は 全部アイツのことばかり 愛さえあればなんにもいらない 恐れないで踏み出そう 誰かに何て言われてもいい 愛を持って強く強く生きるんだ
愛さえあればなんにもいらない の人気パート
歌ってみた 弾いてみた