歌詞 地球最後の告白を KEMU VOXX

作詞
kemu
作曲
kemu
そして 君が知らずに 幸せな灰になった後で 僕は今更 君が好きだって 「大人になりたくないよ」 なんて大人ぶってさ 駆けた少年の日 どうやら僕に訪れた悪戯は 相当タチの悪い 不老不死のおせっかい 神様ステキなプレゼントをありがとう なんて到底的外れな 幼い冗談の奥に 大事に隠した 片思いは察してくれないんだ 追い越してく 戻れない憧憬 好きな人に さよならを いつか見た夕焼けは あんなにキレイだったのに 恋なんて呼ぶには 穢れすぎてしまったよ そして 君が知らずに 幸せな灰になった後で 僕は 今更 君が好きだったって気付いたよ 百年前の同じ日に 君のおばあちゃんは 同 じ事を言ったんだ 君の孫の曾孫のその最期に 僕はまた一人になる 移ろってく メトロポリスと 君の名に花束を いつか見た夕焼けは あんなにキレイだったのに 恋なんて呼ぶには 穢れすぎてしまったね そして血が流れて 世界が灰になった後で 僕は今でも ふいに君を思い出すんだ 誰もいない 枯れた世界で 悪戯の 意味を知ったよ 臆病 でも今なら言えるんだ 地球最後の告白を いつか見た夕焼けは あんなにキレイだったのに 恋なんて呼ぶには 遠回りしすぎたよ そして何もかもが 手遅れの灰になった後で 僕は今更 君が好きだって 君が好きだたって言えたよ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る