歌詞 R.I.P. BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
そこに君が居なかった事 そこに僕が居なかった事 こんな当然を思うだけで 今がこれ程 ダイナモの音うねる坂道憧れのギアいじった誰か ザリ釣り帰り謎のサーチライト始まり探し迷ったら夜 不思議が忘れるくらいあった そのいくつかの魔法はもう解けてしまった 長靴は嫌い傘は大好き重ねたらほらこれ秘密基地 自転車置き場会いに通った尻尾の生えた内緒の友達 言えない事が今よりもあった 寂しいのは失くしたからじゃない そこに君が居なかった事 分かち合えない遠い日の事 こんな当然を思うだけで すぐに景色が滲むよ 体温計でズルして早退下足箱に斜陽溜め息ひとつ 母の日の朝父さんとシャベルで尻尾の付いた友達の墓 悲しい事は宝物になった 君もきっとそりゃもう沢山持っているでしょう そこに僕が居なかった事 今は側に居られる事 こんな当然を思うだけで 世界中が輝くよ 同じもの見られたらそれだけでいい 同じ気持ちじゃなくてもそれだけでいい 変わっていくのなら全て見ておきたい 居なくなるのなら居た事を知りたい ここに誰が居たかっただろう それが僕にもなり得る事 こんな当然を思うだけで 眠れない程怖いんだよ そこに君が居なかった事 そこに僕が居なかった事 こんな当然を思うだけで 今がこれ程愛しいんだよ 怖いんだよ アドバルーンの下催事場のヒーロー 光化学スモッグ手を引かれた野球帽 地球で一番幸せだと思った あの日の僕に君を見せたい
歌ってみた 弾いてみた