歌詞 Virgin Fairlife

作詞
春嵐
作曲
浜田省吾
ずる休みした公園 通り過ぎて行く あなたといつも 語り合った 見慣れた町も過ぎて 懐かしい川越え 震える体 抱きしめてく ためらい 服脱げず 靴下のまま ベッドに入る あなたと 幼い胸と胸を 合わせて誓った 心は声に ならなくて あなたの裸さえも まっすぐ見られず 目を逸らしたまま あなたを待つ くもったガラス窓に 父の笑顔が 浮かんでは 消え去って行く 愛の意味さえも 知らないままに 体を重ね見つめる ポケットにしのばせた リンゴを取り出し ふたりで齧り 慰め合う うつくしい山並みに 雪が降り積もる 見上げた夜空 星が泣いて 後悔しないでしょう 並んで歩く 大好きな町 ゆっくり 体に残る 余韻が笑う あなたの
Fairlife
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る