歌詞 短い髪 SMAP

作詞
麻生哲朗
作曲
田中潤
すきま風 君と買った カーテンを揺らす 窓を閉め ひとり 眠る夜にも少し慣れたよ 短くした髪を手でおさえて 君は照れていた よく似合っていたのに うまく褒められなかったな いつもの川沿いの道で 僕を覗きこみながら おどけた君も ふたりの 細い影法師も 今はもうない 「記念日に作るからね」と君が書きとめた レシピのメモは まだ冷蔵庫に貼られてるまんまだ 短くした髪は 風に揺れて 君が振り向いた 好きだった笑顔は いつも夕日の陰の中 どうして 伸ばしてたはずの髪を 君は切ったんだろう おどけた君も ふたりの 細い影法師も 今はもうない 「君の分まで生きよう」とか 思わないようにしてる だって心の奥の穴は 君がそこにいるってこと 短くした髪で笑う君が 思い出の最後 よく似合っていたのに うまく褒められなかったな たとえば もしふたり 夕日の中 あの頃みたいに ふたつの影を並べて 歩けたなら君は笑いながら なんて言うかな
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る