歌詞 さくらのうた (acoustic version) KANA-BOON

作詞
谷口鮪
作曲
谷口鮪
さくらが好きだと君は言った だけど僕は思うんだ。 「この花よりも綺麗な花が目の前に咲いてる」 なんてね。 ジョークの一つも言えずに 僕は子供だった 情けなくなるなぁ いつも口から 出るのはメロディー 簡単な台詞も言い出せなくて 国道沿いを歩いて君と歌った、 忘 れられないや 僕の想いをそっと君に歌った、 さくらのうた ノートを開くと君の文字が 声になって突き刺さる 借りたままの言葉を集めて 曲にして君に返す なんてね。 そんな才能の一つも 持ち合わせていないんだけど いつも口から 出るのはメロディー 出来上がった頃にはもう遅くて 国道沿いを走って一人歌った、 忘れられない歌 僕たちだけの思い出つめこんだ、 さくらのうた なんで、どうして、 おしえて、 こたえて 僕は子供だった、 もう戻れないのかなぁ でもね、 二人で見たあのさくらは 今年も綺麗に咲いているんだよ だから戻って おいでよ、 僕だけのさくらの花よ。 国道沿いを走って僕は歌った 君を忘れないための歌 ほんとの僕の気持ちをつめこんだ、 さくらのうた さくらのうた
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る