歌詞 微睡みの楽園 Ceui

作詞
こだまさおり
作曲
小高光太郎
からっぽの鳥かごは昨日の旅立ち 朝焼けの中さよならを告げた 目覚めたらまるで別人だわ 毎日 新しい 懐かしい ふたりがいるね 愛したい 真実に 意味はないの 触れあえばすべて 印された愛に守られながら生きてるのに 群青はなぜ儚さをはらむの? 会いたい この空は永遠を 海はいのちをくれるだろう 翼やすめるように花びらが揺れる 微睡みの楽園で 約束をせがむ小さな手をつないで 寄り添う影に名前をつけよう 選ばれて気がついたの わたしどうして はじめからこんなにも あなただけだわ 満ち欠けに喜びを 剥がれ落ちた記憶は夢幻へ 朽ちてゆく時に逆らうように抱きあっても うつろう心引きとめられないのわかって どうか怖れずに強くて脆いふたりのまま 開かれた扉に射し込んだ光 何度でも導いて 印された愛に守られながら生きてるのに 群青はなぜ儚さをはらむの? 会いたい この空は永遠を 海はいのちをくれるだろう そして何度目かの約束の朝を 微睡みの楽園で
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る