想い出を歌に残そう nanaで人気の卒業ソング2021

Mar 12, 2021

隔週発行となって最初のnanaマガ。2週間ぶりにみなさんとお会いできて嬉しいです♩(^o^)/ ♬

テキスト屋をやっているとこうして公開されたテキストを通して皆さんとお会いできる気がしてしまいますし、nanaをやっていると音を通してお会いしている気がします。不思議なものですね。

さて3月と言えば卒業シーズン。
今年で学校を卒業されたみなさま、おめでとうございます。コロナ禍という大変な時代ではありますが、きっと輝ける未来が待っていると思います。想い出や経験を胸に頑張ってください!

録音というのは不思議なもので、その時に録音したものを後で聴くと、色々なことが蘇ってくるものです。大切な想い出を卒業ソングに込めて残してみてはいかがでしょうか。

ということで、nanaで人気の卒業ソングを調べてみました(✧◡✧)

ワタクシの世代は「仰げば尊し」や「大地讃頌」といった合唱曲が思い浮かぶのですが、老若男女入り混じったnanaではどんな歌が人気なのでしょうか。

ご覧ください!

目次

本記事のURL
https://nana-music.com/nanamagazine/ranking014/

発表!人気の卒業ソングランキング

まずは調査の結果をいきなり1位からどどーんと発表しちゃいます!はい、nanaマガは出し惜しみしないスタイルですので上位から発表ですφ(・ェ・o)

調査と集計方法
・nanaを含むインターネット上で「卒業ソング」として複数のメディア上で紹介されている曲
・2020年1月〜2021年3月の総投稿数が規定数以上の曲
・2020年1月〜2021年3月の月間平均投稿数に対する3月の投稿数の比率(上昇率)が130%以上
以上の曲を候補曲として、投稿数が多い順にランキング化

順位タイトルアーティストリリース年
1位3月9日レミオロメン2004年
2位旅立ちの日に合唱曲1991年
3位なごり雪かぐや姫1974年
4位さくら(独唱)森山直太朗2003年
5位YELLいきものがかり2009年
6位手紙~拝啓 十五の君へ~アンジェラ・アキ2008年
7位翼をください赤い鳥1971年
8位卒業写真荒井由実(松任谷由実)1975年
9位栄光の架橋ゆず2004年
10位EXILE2007年
11位桜ノ雨halyosy2008年
12位旅立ちの日に・・・川嶋あい2006年
13位卒業尾崎豊1985年
14位贈る言葉海援隊1979年
15位大地讃頌合唱曲1962年

合唱曲から懐メロ、ボカロ曲まで様々な卒業ソングが網羅されたnanaらしいランキングとなりました。プレイリストの曲数15曲にあわせて上位15曲なのでちょっと長いですが、それぞれオススメサウンドとともに紹介していきます♪

ちなみにランキングの曲名をクリック(タップ)するとそれぞれの曲の紹介にジャンプしますので、気になる曲がある人はジャンプ!

また、プレイリストも作ってみましたのでぜひプレイリストだけでもチェックしてみてください(^o^)

※記事は時間をかけてゆっくり読んでみてくださいな( ´・ω・`)_且~~

第1位〜第5位

第1位 3月9日 / レミオロメン

様々な世代の定番卒業ソングを押さえて1位に輝いたのはレミオロメンさんの「3月9日」。2004年リリースの曲で、実は、、、、卒業式を歌った歌ではありません、、、!

メンバー共通のご友人の結婚式を祝う歌だそうです、これは驚き。テレビドラマ「1リットルの涙」の挿入歌であった関係から学校の卒業式で使われることが多くなり、卒業ソングとして定着したんだそうです。

MVも見直してみると結婚式のシーンがほとんど、、、、ですね!

ここではいとうくんさん、るりさん、なまさんによる3月9日をご紹介。とっても素朴で雰囲気があって素敵なサウンドです。そして、、、キャプションがすっごいので、ぜひ読んでみてください(o・v・o)

第2位 旅立ちの日に / 合唱曲

近年の卒業式合唱ソングとしてすっかり定番のこの歌。作詞は小嶋登さん、作曲は坂本浩美さんとなっていますが、お二方とも、、、なんと学校の先生。小嶋登さんは校長先生!で、「歌声の響く学校」を目指し、その集大成として作られた歌なんだそう。「歌声の響く学校」を卒業する卒業生に向けてのプレゼントとして先生たちによって歌われ、校長先生はその年で引退。その後は生徒たちによって歌われるようになったんだとか。いい話です、、、(T_T)

数ある「旅立ちの日に」の投稿の中から、サバオ🐟さんのピアノ演奏をお届けします。ピアノでのメロディーがとても美しく、聴いているといろいろと思い出したり想像したりしてしまいます。

第3位 なごり雪 / かぐや姫

1974年リリースの「なごり雪」。切なさあふれる歌詞とメロディーが卒業お季節にぴったりです。汽車で旅立つ、というところも時代背景を考えるとさらに切なく感じられます。スマホはおろか携帯電話、ポケベルもありません。電車に乗った人にメッセージを伝えることはできない時代でした。

えいたろうྀིさんとNaMuさんによるなごり雪。歌詞にある駅のホームでギターを弾き語りしているような雰囲気。聴いていると舞い散る雪が見えてきます。

第4位 さくら(独唱) / 森山直太朗

さくら舞い散る季節が頭に浮かぶ名曲「さくら(独唱)」は2003年の曲。実は収録されているシングルの2曲目は「さくら(合唱)」で、3曲目は「さくら(伴奏)」。ということで、「さくら(独唱)」と表記されているんだそうです。

nanaサウンドからはこちらのすごいクオリティのサウンドをご紹介。女性によるさくら(独唱)は森山直太朗さんとはまた違った魅力を感じますね。サビのコーラスも絶品です。

第5位 YELL / いきものがかり

いきものがかりのメンバー水野良樹さんがNHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として制作し、のちにいきものがかりの曲としてリリースされた楽曲。ワタクシも大好きな1曲です。サビのメロディーと歌詞が涙を誘います。

わかさんのギターとあ お り ん ごさんのボーカルによる切なさあふれるYELL。フルアレンジのYELLとは違った切なさを感じるサウンドに仕上がっています。

第6位〜第10位

第6位 手紙~拝啓 十五の君へ~ / アンジェラ・アキ

こちらもNHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として制作され、のちにアンジェラ・アキさんがご自身でリリースした曲。タイトルの通り未来の自分に向けて書いた手紙が歌詞になっています。

月咲のん🌙*゚さんのピアノ伴奏にクリーニング ヨシコさんの歌でお届けします。キャプションに書かれた当時の想い出も歌の雰囲気を引き立てます(T_T)

第7位 翼をください / 赤い鳥

1971年リリースの「翼をください」は、1970年頃より学校で歌われるよになり、音楽の教科書にも掲載。合唱曲としても歌われるようになりました。また近年ではアニメの劇中歌として使われることも。世代を超えて愛される名曲ですね。

「翼をください」は赤い鳥さんによるオリジナルから合唱曲へ、アニメの歌へと時代を超えて姿を変えて愛され続けていますが、nanaではnanaならではのコラボサウンドとして進化を遂げています。それを象徴するような「翼をください」をぜひお聴きください!

第8位 卒業写真 / 荒井由実

ユーミンこと松任谷由実さんの、まだ荒井由実さん名義だったころの名曲。1975年にリリースされました。卒業ソングとして愛されるほか、数え切れないほど多くのアーティストさんによってカバーバージョンが出されている曲としても有名です。

Tsukinokoさんの弾き語りによる「卒業写真」。原曲の荒井由実さんを彷彿させる、とっても引き込まれる歌なのです。ユーミンとは違うんですが、なんというか、ユーミンが弾き語りをしているような、、、。ぜひ聴いてみてください。

第9位 栄光の架橋 / ゆず

NHKアテネオリンピック中継の公式テーマソングである「栄光の架橋」は2004年にリリースされた曲で、ゆずさん21枚目のシングル。以降応援歌としてスポーツを中心に多く使われ、応援するという流れから卒業ソングとしても定着しました。

まるちゃんさんとコラシタさんによる「栄光の架橋」。このサウンド、卒業式で聴いたら泣いちゃうと思います、、、涙を誘う歌と声、そしてリズム。一期一会のサウンドですね。

第10位 道 / EXILE

フジテレビ系列で2010年に放送された4夜連続ドラマ 「卒うた」の第3話のテーマソングでした。卒業式の日にピッタリの歌詞が涙を誘います。ちなみに、「卒うた」は4夜連続なのですが、他のテーマソングは「Best Friend / Kiroro」、「奏 / スキマスイッチ」、「卒業写真 / 荒井由実」だったそうです。ワタクシは観ていなかったので、観ることができたら改めて観てみたいです。

「道」は、ようさん∞のギター、ネムさんの歌でお届けします。ギターが、、、ガットギターかと思うのですが、とっても優しい音で曲の雰囲気に合っています(T_T)女性ボーカルによる「道」もこれまたイイですね、、、。

第11位〜第15位

第11位 桜ノ雨 / halyosy

卒業ソングにもついにボカロ曲が登場です。「桜ノ雨」は2008年2月に森晴義(halyosy)さんがニコニコ動画に投稿し話題となりました。同年11月には森さんのユニットabsorbの曲としてもリリースされました。ニコニコ動画では初音ミク、absorbではご本人による歌唱となっています。「桜ノ雨プロジェクト」が実施され、たくさんの学校で歌われました。

狐のリサさんのピアノと月城 琉芭さんによる「桜ノ雨」。ミクちゃんともご本人とも違ったまた新しい「桜ノ雨」。「いつかまた、ここで逢おう」ー 「ここ」で思い浮かぶ場所はひとそれぞれ。nanaもそんな場所でありたいですね。

第12位 旅立ちの日に・・・ / 川嶋あい

フジテレビ系「あいのり」の主題歌であった「明日への扉」の原曲となった曲がこの「旅立ちの日に・・・」です。「旅立ちの日に・・・」は「Dear」のカップリング曲となっていましたが、この「Dear」も卒業ソングなんだそうです。

いろいろな「旅立ちの日に・・・」が投稿されていますが、楽器コラボによるサウンドをご紹介。ギター、ピアノ、フルート、アルトサックスと豪華なコラボサウンドになっています。WHOさんのサックスがとても優しい音色でまるでクラリネットのよう。ぜひ聴いてみてください。

第13位 卒業 / 尾崎豊

尾崎豊さんが大好きなワタクシは嬉しい限り。合唱曲が多い中、学校ではきっと歌われない、しかし青春の葛藤を詰め込んだザ・卒業ソング。校舎の影 芝生の上 吸い込まれる空 幻とリアルな気持ち、、、感じていましたね。

🧸かみゆさん、いつもはしっとりポロポロ伴奏だそうですが、この曲のサビは激しく演奏、雰囲気を出すまでに数日かかったという力作伴奏。フクロウさんの歌と相まってアツい感じがとっても伝わってくるサウンドです。

第14位 贈る言葉 / 海援隊

TBS系テレビドラマ「3年B組金八先生」の主題歌、1979年リリースの曲です。もともとは失恋ソングなんだそうですが、金八先生で使われたことから学校のイメージがあり、卒業式で歌われる歌になっていったんだとか。

このサウンド!ちょっと聴いてみてください。ぴい-CHICKPEAさんの伴奏も独自アレンジですごいのですすが、それにあわせてコラボしたfujiさんの天才的なリズム感がワタクシ大好きです、、、!

第15位 大地讃頌 / 合唱曲

人気卒業ソングのトリを飾るのは最古参、「大地讃頌」です。ワタクシの世代は学校の卒業ソングといったらこの曲だったのですが、いまはすっかり「旅立ちの日に」になっていますね。いつ聴いても中学校の卒業式を思い出します。

トリにふさわしい素晴らしい合唱による「大地讃頌」をお届けします。この素晴らしい合唱を聴いていると中学校の廊下、教室、校庭、、、いろいろなことを思い出します。そうそう、nanaで合唱、とっても楽しいのでぜひやってみてください!


編集後記

人気の卒業ソングを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

おわかりいただけたかと思いますが、卒業というのが学校のイベントであるため、学校で歌われることが卒業ソングとしては重要なポイントになると言えそうです。歌詞の内容を見てみると、実は卒業ソングではないという曲が多いことも面白いです。「3月9日」は結婚式の歌であることを筆頭に、ズバリ「卒業式」という内容の曲の方が少ないくらい。歌詞やコンセプトが卒業ではなくても、学校教育の場に登場した曲は卒業ソングになり得るようです。

また、卒業ソングとして定番化するには長い時間が必要なのだとも感じました。

他の人気曲ランキングでは近年の曲が多くランクインするのですが、卒業ソングでは最も新しい曲が「YELL」でした。名曲というのはじっくりと人の心に染み込んでいくのだなと感じます。今人気があるかどうかがすべてではありませんね。

十年後、二十年後。
学校で歌った曲を聴いたら、きっとその時の光景が蘇ると思います。録音というのはそういう時間を超える力があると思っています。nanaに投稿したサウンド、ぜひ消さずにとっておいてくださいね。きっと後で聴いた時にタイムカプセルのように色々な想い出が蘇るでしょう。

今回の調査でいろいろなことを思い出しましたし、みなさんのサウンドにとても感動しました。大地讃頌は本当に当時のクラスメイトの歌声のように聞こえました。その時を残しておく ー 後で思ってもできませんので、みなさんも残したい今があったら、nanaにサウンドを投稿して残してみてはいかがでしょうか。

調査・執筆・編集:編集長K

いろいろランキング!