運営チームからのゆるーいお願い

Apr 23, 2021

みなさんこんにちは!
春です。すっかり春です。昼は暑くて夜は寒い。寒くなったら歌いましょう。

nanaもついにステレオ対応しまして話題沸騰中。お楽しみいただけましたか?

ステレオというのは左と右の2つの音をセットにして扱う方法(形式・フォーマット)で、みなさんが聞いている音楽はほぼステレオです。ステレオ以外だと音がひとつのモノラル、音が3つ以上のサラウンドなどもありますね。サラウンドは映画館で、モノラルはAMラジオなどで使われています。

nanaはリリース当時のインフラ・通信速度を考慮しモノラルという形式でしたが、遂にステレオ対応しました。(ステレオのデータ量はモノラルの2倍です)

ここで、、、、みなさんのタイトルに変化が。

【ステレオ】かえるの合唱

という書き方のタイトルを多く見るようになりました。そうか、そこにステレオって、、、書きたくなりますよね。

本音を言えばデータ集計の関係で曲名の前には何も書いていない状態が嬉しいのです。ただ、みなさんに強要するものではなくて、運営チームの仕事が少し楽になるという程度のお話。

こういった「ゆるーいお願い」がいくつかありますので、記事にまとめてみました。ユーザーのみなさんの参考になる投稿とともに紹介していきます。伴奏制作者さん向けのお話が多いのですが、お暇なときにでもご覧ください(*^^*)

※「ゆるーいお願い」は強要ではありませんので、他のユーザーさんに強要しないでください。

目次

曲名欄の書き方(何か書くなら曲名の後ろが嬉しいです!)

曲名欄についてのゆるーいお願いです。

曲名欄は曲名から始まるように記入し、曲名の前には何も文字列が無い状態が嬉しいです。

曲名はデータ集計や著作権使用料の支払いなど様々な場面で使用します。「”夜に駆ける”は3月にxxxxx曲投稿されているのか、ふむふむ。」といった具合に人気曲を把握したり、投稿の状況を把握したり、著作権使用料の支払い用データを作成したりするときに曲名(タイトル)の情報を使用します。

データを整理する際に同じ曲なのに曲名(タイトル)が違うと、、、、違うデータとみなされてしまいます。例えば以下の2種類の曲名表記。

  1. 【ステレオ】夜に駆ける
  2. 夜に駆ける

集計時に異なる曲になってしまうのです。曲名の前に何を書くか、文字数も含めて多種多様。集計が難しいのです、、、場合によっては手動で曲名(タイトル)を修正して再集計します。

一方、曲名の後ろには文字列があっても大丈夫です。

  1. 夜に駆ける【ステレオ】
  2. 夜に駆ける【コラボ用】
  3. 夜に駆ける

この3種類の表記は一括処理が可能で並べ替え集計に対応できるので、手間はありません。何か書きたい場合は曲名の後ろにお願いします(人’д’o)

同様に、キーの情報や男性向け、女性向けなどの情報も曲名の後ろに書かれていると嬉しいです(*^^*)

曲名欄の書き方(正確な曲名を書きましょう!)

曲名欄についてのゆるーいお願い、その2です。

特に伴奏者の方へのお願いになるのですが、1番目の投稿(新規投稿)の際、曲名を正確に入力していただけると大変助かります。これも前述の理由と同様です。

意外と誤った曲名のまま覚えてしまうもので、例えばWANDSさんが歌う「スラムダンク」のエンディングテーマ。曲名はどれでしょう?

  1. 世界が終わるまでは
  2. 世界が終るまでは…
  3. 世界が終るまでは・・・

有名な話なのでご存知の方も多いと思いますが、正解は2です。JASRACのデータベースでの登録も「世界が終るまでは…」となっています。ワタクシもnanaに投稿するまではAだと思っていました。

曲名については集計上の理由もありますが、アーティストへのリスペクトという視点からも間違えないようにしたいですね。自分でも曲を書くのでわかりますが、アルファベットが大文字か小文字かということにもこだわりや意味があるものです。

アーティスト名欄の書き方(何か書くならアーティスト名の後ろが嬉しいです!)

アーティスト名欄の表記に関するゆるーいお願い。

曲名欄と全く同様ですが、データ集計の際にアーティスト名が変わっていると「オリジナル曲」に見えてしまいます。

アーティストご本人へのリスペクトの念も込め、何か書きたい場合はアーティスト名のうしろに書いていただけると嬉しいです。

以下の例では、1か4が嬉しいです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

  1. 曲名 奏 / アーティスト名 スキマスイッチ
  2. 曲名 奏 / アーティスト名 わたしとスキマスイッチ
  3. 曲名 奏 / アーティスト名 コラボ募集中!スキマスイッチ
  4. 曲名 奏 / アーティスト名 スキマスイッチ わたし x コラボ者様

パートの選択にご協力ください(パート選択のめやす)

パート名に関するゆるーいお願い。

nanaでは投稿する際にパートを選べるようになっています。このパート選択は運営チームのデータ分析においても、そして投稿を見る他のユーザーさんにとっても貴重な情報。

投稿する際はパート選択をお願いします。

以下に選び方の例を書いておきます。分類しにくい場合に参考にしていただければ嬉しいです♪

Vocal 
例:メインボーカル、シャウト

主旋律、メインのメロディを歌ったらこのパートを選んでください。

Chorus 
例:コーラス、ハモり、ゴスペルコーラス、アカペラ、エアハモ

誰かの歌にあわせて歌う、自分がメインでないという場合はこちらを選択。また、コーラスサークルなど複数人で完成させる曲の場合もこちらが良いでしょう。

Talk 
例:声劇(演者側)、朗読、語り、音楽の無い会話、宣伝

総じてメロディに沿って歌う内容ではない「声」の場合に使うパートです。

Guitar 
例:エレキギター、アコースティックギター(スチール/ガット)、シタール、ウクレレ、三線

ギターを中心に、低音楽器以外のギター系弦楽器のパートとしてお使いください。フレットがあればGuitarで良いでしょう。三線はフレットレス楽器なので難しいところですが、GuitarかStringsパートが良いでしょう。イメージ的にはGuitarパートにしたほうが違和感はないように思います。(難しい話題です、、、苦笑)

Bass 
例:エレキベース、ウッドベース、アコースティックベース

低音担当の鉄弦楽器はこちらを選択してください。チェロ、コントラバスは、、、、Stringsの方が良いかもしれません。

Piano 
例:アコースティックピアノ、電子ピアノ、シンセサイザー、オルガン、ピアニカ、アコーディオン

鍵盤で演奏する楽器はPianoを使いましょう。ピアニカ、アコーディオン等はWindsパートもありですが、Pianoにしておいたほうが伝わりやすいとは思います。

Percussion 
例:カホン、コンガ、ボンゴ、トライアングル、拍子木、バケツ、和太鼓

ドラム以外のリズム楽器はこちらへ。自作パーカッションもPercussionが良いですね。変なシンバルもPercussionで良いと思います。笑

和太鼓は難しいところですが、後述のDumsはドラムセットを連想する人が多いでしょうから、和太鼓や鼓など純邦楽打楽器はPercussionが良いでしょう。

Drums 
例:アコースティックドラム、エレドラ、リズムマシン、リズムのみの打ち込み

歌謡曲、ロック、J-POP等一般的な音楽でリズムを刻むあの「ドラム」はこちら。また、パソコンやガレバンで制作した音源の場合もリズムのみの場合はDTMパートよりDrumsパートがよいでしょう。

Winds 
例:フルート、サックス、トランペット、尺八、縦笛、篠笛、ケーナ、ハーモニカ、オカリナ、指笛、口笛

風で音を出す楽器はこちら。金管楽器や笛はこちらです。

Strings 
例:バイオリン、ビオラ、チェロ、弦楽四重奏、二胡

フレットのない弦楽器はStringsを選択すると良いでしょう。いわゆるオーケストラで使用する弦楽器のイメージですね。

DTM 
例:台本、打ち込みで制作した音源、自分のギター演奏と打ち込みなど複数パートが含まれる音源

生演奏でない演奏、かつ複数パートが含まれる場合はこちら。打ち込みであってもピアノのみ、ドラムのみといった単体楽器の場合は、それぞれのパートを選ぶほうが良いでしょう。

また、声劇台本について。現在は声劇台本のためのパート設定がありませんので、DTMもしくはOtherを選択すると良いでしょう。(DTMを選ぶ台本師さんが多いようです)

Other 
例:転載音源、無音投稿、キャプション欄でのお知らせ

以上、どれにも属さない場合はOtherをお使いください。

キーの選択にご協力ください

こちらは伴奏投稿者さんへ、キー選択に関するゆるーいお願い。

投稿時にキーを選択していただけると、コラボ先でnana-Tuneなどのエフェクトが正しく動作します(^O^)

nana-Tuneは使用時にキー選択が可能ですが、キーの選択ができる歌い手さんは多くありません。したがって、「nana-Tuneを使ったけどいい感じにならない、、、」と悩んでしまう歌い手さんが出てきてしまいます。

コラボ時も新規投稿の伴奏者さんが設定したキーが有効になりますので、キー設定がある場合はコラボ後も伴奏者さんが設定したキーでnana-Tune等が動作します。コラボする歌い手さんのために、お手数ですが設定をお願い致します!

なお、転調する曲の場合は「最もハモられるセクション」のキーを設定していただくのが良いでしょう。(nanaのキー設定は転調には対応していませんので、キーはひとつしか選べません。)

転載元の記載にご協力ください

ご自身以外の方が制作された音源(オフボーカルなど)の転載に関するゆるーいお願いです。

近年ではボカロPさんを中心にオフボーカルや曲の一部のデータ、その他音声などが公開されていることが多くあります。さらに二次利用が許諾されているものも多くあります。

二次利用・転載が許諾されている音源をnanaに転載すること自体は権利者さん(ボカロPさんなど)が許諾していれば問題ないのですが、運営チームを含め、投稿を見た人は転載された音源が許諾済であるかどうかを瞬時に判別できません。

転載許諾のある音源を転載する場合は、許諾内容が記載されている転載元のURLと許諾が得られている旨を記載してください。

この記載によって皆さんが安心して利用することができます。また、原作へのリンクがあることで原作の認知拡大や再生数にも貢献でき、権利者さんが活動を続ける糧になっていきます。

転載元記載の例
原作者さまの転載許諾に基づいて転載させていただきました。ぜひ原作動画もご覧ください。サビの演出がすごいです。ありがとうございます!
原作:
転載元(許諾条件記載ページ):

また、これは音だけでなくイラストなど他の著作物でも同じです。転載する場合も原作者・権利者への尊敬の念を持って転載するようにしましょう。


以上、ゆるーいお願いでした。

重ねて、上記の内容はすべて「ゆるーいお願い」なので、ルールに完全に対応して頂く必要はありません。このルールに沿っていないからnanaマガに紹介されないとか、ピックアップの候補から外れるとか、そういうことはありません。ご安心ください。

運営チームの仕事が大変なのは別に構わないのですが(怒られるかな。苦笑)、著作物を扱ううえで、感謝とか、尊敬とか、原作者への念は忘れないようにしたいものですし、忘れてはいけないものだと思います。みなさんがみなさんを思い合うことでnanaの温かい世界を守っていきたいですねᕪ(·Д· ˊ)ೃ

調査・執筆・編集:編集長K

未分類