ボイストレーナー田原先生の「nanaで歌うまボーカルレッスン」vol.6 〜音程を良くするエクササイズ〜

Dec 19, 2018

nanaユーザーのみなさんこんにちは!毎回たくさんの方に読んでいただき、またたくさんの方にフォローをいただき、とてもうれしく思っています。

今回で6回目を迎えるこの誌上ボイトレですが、ますます良い記事を書こうという励みになっています!

目次

正しい音程を聞き取るエクササイズ
正しい音程で発声するエクササイズ

正しい音程を聞き取るエクササイズ

さて、今回も前回に引き続き、音程のお話です。

前回はカラオケのキーを合わせることで音程が合いやすくなりますよというお話をしましたが、今回は、実際に音程を良くしていくためのエクササイズをご紹介したいと思います。

前回の記事の中で、正しい音程で歌うためには下記の2つの能力が必要だということを書きました。

  1. 正しい音程を聞き取る能力
  2. 正しい音程で発声する能力

今回はこの2つの能力を育てるための具体的なエクササイズをご紹介します。

まずは正しい音程を聞き取る能力を鍛えるエクササイズから。
始めに、次の音源サンプルを聴いてみてください。

では問題。

このサンプルが演奏している音程(ドレミ)がわかりますか??

・・・正解は

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

「なんだ、簡単じゃん」って思いましたか??

でもこれがきちんと「ドレミファソラシド」に聞こえる能力こそが、正しい音程で歌うために重要な能力なんです。

「ドレミファソラシド」のことを音楽の専門用語では「メジャースケール」と呼びます。このスケール(scale)という単語の意味を辞書で調べると、「音階」という意味のほかに「物差し」という意味をもっていることがわかります。

つまり、このメジャースケールは、音と音の距離を測る物差しとして使うことができるものなんです。

この物差しをきちんと自分の頭の中に入れておくことで、なんとなくではなく、正しくメロディーラインを把握することができるようになります。

では、次の問題もチャレンジしてみましょう!

正解は、

ド レ ミ ファ ソ ファ ミ レ ド

でした!
簡単なようですが、きちんと物差しを当てて、ドからソまで順番に上って、そこから下りてくるのがわかることが重要ですね。

では、次の問題はどうでしょう?

正解は、

ド レ ミ ソ ミ レ ド

でした!

これは先ほどの問題の「ファ」が抜けた状態になっています。音が飛んだときに、どの音が抜けたのかがわかることが重要ですね。

さて、次は一気に10問やってみましょう!

頭の中にドレミファソラシドの物差しを思い浮かべながら挑戦してみてください!
難しくてわからない人は、ぜひ正解を見ながら音を聞く練習をしてみてください。この音程はこんな風に聞こえるんだなぁと思いながら、自分の頭にインプットしてみてください!

1問目~5問目

6問目~10問目

  • 答え
  1. ドレミソラシド
  2. ドレファソファミレド
  3. ドミファソミレド
  4. ドミソミド
  5. ドミソラソミド
  6. ソファミレドレド
  7. ミレドレミファソ
  8. ソラシドシラソ
  9. ドドシラソファミ
  10. レファラシドレド

後半は一気に難しくなりましたね(笑)!最初はわからなくて当然なので、何度も答えを眺めながら音を聴いてみてくださいね!

正しい音程で発声するエクササイズ

では、今度は実際に声を出すエクササイズをやってみましょう!

まずは例題から。

サンプル音源を聴いてみてください。このサンプル音源ように、エクササイズ用の音源に合わせて「ドレミファソラシド」を歌ってみましょう。

音源には、スタートとゴールのドの音しか入っていません。ドからスタートして、ゴールのドが鳴ったときに自分の声とピアノの音がバッチリ合っていれば成功です!ではチャレンジしてみましょう!

サンプル

エクササイズ

いかがでしたか??結構難しいですよね!

では、ちょっと難しいなと感じた方のために、3段階のエクササイズを用意しました。
例題ではドの音しか手掛かりがありませんでしたが、エクササイズ音源にはいくつかのガイド音が入っています。ガイド音が少しずつ減っていくので、段々ステップアップしていってみましょう!

エクササイズ1

ドとミとソとシがガイドで入っています。

エクササイズ2

ドとファとシがガイドで入っています。

エクササイズ3

ドとソがガイドで入っています。

いかがでしたか?

では最後に、この問題をクリアしたみなさん向けのエクササイズをご紹介します!

各問題で指示された音程を、サンプルの「ド」の音程を基準にして、声に出して歌ってみてください。そして、回答の音源を再生して、自分が歌った音程が合っていたかどうかを確認しましょう!

基準のド

第1問

ド レ ミ レ ド

▼答え

第2問

ド レ ミ ファ ソ ファ ミ レ ド

▼答え

第3問

ド レ ミ ソ ミ レ ド

▼答え

第4問

ド ミ ソ ミ ド

▼答え

第5問

ド ミ レ ド

▼答え

第6問

ド ミ レ ミ ファ ミ ド

▼答え

第7問

ド ミ レ ファ ミ レ ド

▼答え


いかがでしたか??

自分で問題を作って練習することもできるので、ぜひ試してみてください!今回はドから始まる問題だけでしたが、慣れてくればドから始まらない問題にもトライしてみましょう!

さて、発声、音程と学んできたわけですが、次回からはリズムについて学んでいきましょう!!お楽しみに!!

そして今日はこの記事をいつも読んでくださっている皆様に特別なお知らせがあります!!音楽をこよなく愛するnanaユーザーの皆様の音楽ライフのお手伝いをもっとしたいという思いを日々募らせていたところ、この度、私の所属するボーカルスクールVOATにてnanaユーザーの方限定の特別企画を実施させていただけることになりました!!

きっとこの記事を読んでいる方の中には、誌上ボイトレでは飽き足らず、リアルボイトレを受けてみたい!と思っている方もいらっしゃることと思います。そんなあなたのために、なんと今回は無料ボイトレイベントを開催することになりました!!

ちょっとしたワンポイントアドバイスが欲しいという方から、より専門的なトレーニングを受けてみたいという方まで、少しでも多くの方にボイトレの楽しさを知っていただける機会になればと思っています。

実施時期は2月上旬を予定していますので、詳細が決まり次第、発表させていただきます!ご期待ください!!

※(2020年11月12日追記)上記に記載されているイベントは既に終了しています。


シリーズ記事

vol.1 〜歌が上手いってどういうこと?〜
vol.2 〜理想の声のレシピとは?〜
vol.3 〜声帯のストレッチ・エクササイズ〜
vol.4 〜声を響かせる共鳴〜
vol.5 〜音程を改善する秘策、、、キーを変えてみる!?〜
vol.6 〜音程を良くするエクササイズ〜
vol.7 〜歌のクオリティを左右するリズム〜
vol.8 最終回 〜リズムの捉え方〜

nanaミュージックスクール