• 17
  • 6

かの至高なる宝石は、ひとりの少女に恋をした。

▽────▼────▽────▼────▽

お手本サウンド、あります。テンポ等の参考にどうぞ。
https://nana-music.com/sounds/02903b06/

▽────▼────▽────▼────▽

台本の簡単なあらすじ:
この美術館には、ある"至高の宝石"が展示されていた。
その名は"アレキサンドライト"。
彼の美しさに人々は魅了され、美術館のショーケースの前にはいつも人集りができていた。
今日もまた、彼に魅了された者達が並ぶ────それだけの、はずだった。

▽────▼────▽────▼────▽

セリフ振り分け
☆:アレキサンドライト(宝石)
★:ディアーナ(令嬢)

☆「私は、至高なる宝石"アレキサンドライト"。 他にない完璧な色彩、輝き、フォルム。 私のショーケースの周りは何時も、私に見惚れた人間達が取り囲んでいた。 私の右に出る者は、誰一人としていない。 私は至高であり、私以外に至高は存在しないからだ」

★「……これが、アレキサンドライト」

☆「!」

★「素敵な宝石ね、爺や(ジイヤ)」

☆「私は────ひとりの人間に、恋をした」

《*止まっていた曲が始まる》

★「いつまでも見ていたくなるわ」

☆「それは、私の台詞だ」

★「こんなに綺麗なものがこの世にあったなんて……まだ信じられない」

☆「それも、私の台詞だ」

★「……あら、もう時間なの?」

☆「そんな。 私はまだ君を見ていたい……君もそうだろう? そうだ。 君も、宝石になればいい! そうして私のようにガラスの内側に並べば……私達は、もっと一緒にいられる。 もっと近くにいられる!」

★「まだ見ていたいけれど……我儘を言うと、貴方が叱られてしまうわね。 またここに連れて行って頂戴、爺や」

☆「……あぁ、そうか。 彼女は宝石ではきっと意味が無い。 人間だからこそこんなにも美しいのだ。 ……足の無い私は、貴方を迎えに行けない。 だからどうか、また会いに来てくれ。 名も知らぬ、麗しい────」

★「私はディアーナ。 また会いに来るから、覚えていてね。 アレキサンドライト」

☆「……そうやって貴方は、私の無い心臓を何度も射抜いてしまうのだ」

▽────▼────▽────▼────▽

あとがき:
"アレキサンドライト"って聞いたら、どうしても『殺戮の天使』のあの白衣のお兄さんが浮かんでしまいますよね。
僕の瞳は、アレキサンドライト! ……あ、ネタが分からない人は、なんかごめんなさい(›´ω`‹ )

今回はいつになく気取った台本に仕上げてみました。 台本主的には会心の出来です。
擬人化台本をいつか書いてみたいと考えていたので、大満足。
擬人化台本とかファンタジー台本とか。 そういうのがお好きな方は、是非演じてあげてください。
ちなみに余談ですが、前作で登場したディアーナと同一人物設定です。 時系列的にはかなり昔です。
僕の瞳は、アレキサンドライト!
閲覧ありがとうございました。

▽────▼────▽────▼────▽
Music is VFR様より。
素敵な曲、お借りしました。

Applauses

Applause

  • +1

Comments

Comment

  • 百日草!(💡台本屋♪) 2017/5/03

    なんか、騎士とか王子の名前でありそうですね🎵

  • 七梨@声劇台本主2017/5/03

    >>百日草!(💡台本屋♪) 閲覧ありがとうございます。
    アレキサンダーって王様はいましたね(`・ω・´)
    アレキサンドライトは実在する宝石です。綺麗ですよ(*´﹀`*)

Appears in the following playlists