「nana×TASCAM いい音レコーディング体験第2弾」潜入レポート!

Aug. 10, 2016

夏休み真っ只中の2016年7月、音楽制作機器ブランドTASCAMのレコーディングスタジオにて、「いい音レコーディング体験第2弾」を開催しました。

今年の4月にも開催して、大好評だったこの企画。

今回は夏の第2弾の様子をお届けします。


前回のレポート記事はこちら



「いい音レコーディング体験」ってなに?


いい音


TASCAMの専門スタッフの指導のもと、録音の知識やテクニックを学び、

「録音するとノイズが入っちゃう・・・」

「コラボを続けると音質が悪くなっちゃう・・・」

「綺麗な音で録音する方法がわからない!」

といったお悩みを解決して、もっと快適にnanaで投稿しよう!という特別イベントです。



みんなびっくり!自分の歌がうまく聴こえる!


今回も、「いい音レコーディング体験」の講師をしてくださったのは、TEAC音響機器事業部の小泉さんです。

koizumi


今回も前回同様、本格的なスピーカーやマイクなどの音響機材をご準備いただき(かなり高額なものも?!)、私たちの歌声や楽器の音が録音される仕組みや、録音するときに気をつけるポイント、マイクの種類と選び方などを詳しく教えてくださいました。


そのあとは、さっそくレコーディングタイム!

スマホをつないだコンデンサーマイクの前に立って、ひとりひとり録音をしていきました!

レコ

ででで


今回使ったオーディオインターフェースは、『nanaに「いい音」でアップしたい!』シリーズの記事でも紹介したiXZ

これを使うと、スマホとマイクを簡単に接続することができます。

sann


最初はみなさんちょっと緊張していましたが、一度歌うとノリノリに!

何テイクも録音を試して、とっておきのサウンドを録音・投稿しました。

さらに、ボーカルエフェクトを使って「ケロケロサウンド」でも録音体験も行いました。

「ケロケロ」は、nanaで人気のボーカロイドの曲にぴったりで、大人気のエフェクト!

オートチューンを用いたケロケロボイスは、特に好評でした。

ポイントとしては曲のキーに合わせたスケール設定をする必要があるそうで、その場で小泉さんとキーを確認する一幕も。

お気に入りの曲を熱唱して、こだわりのサウンドをつくることができました。


オートチューン

▲TA-1VP


ケロケロサウンドはこんな感じ!

たやや

サウンドを聴く


ドラムもパリッとしたいい音で録音できました!

出雲さん

サウンドを聴く


最後にみんなで記念撮影☆

とても楽しい時間でした!

本格的なマイクやボーカルエフェクトを使って、スマホだけではできない、特別な体験をすることができました。

集合

記念



おわり


夏休みということで、時間をたっぷり使って、マイクやエフェクトを使った録音を存分に体験することができました。

参加者同士もとても仲良くなり、nanaユーザーの絆が深まった1日となりました。

今後も、このようなnanaをもっと楽しむための企画はどんどん行っていきます!お楽しみに!



イベント当日のダイジェストムービーを作成しました。ぜひご覧ください。


すずえ みづき https://nana-music.com/users/412215/ nanaの広報です(^ ^)♪

Also Recommended!