満足いくまで録り直しできる!「リテイク機能」の使い方

Feb. 3, 2016

こんにちは。iOS版のアップデートで毎回変なご挨拶を書いているアンザイという者です。nana公式Twitterの初代中の人でもあります。

本日公開されたiOS版nanaのver.2.7.0で新たに使えるようになった「リテイク機能」について解説します!


※こちらの機能が実装されているのは、現状iOS版のみとなります。

Android版もじわじわと機能開発を進めていますので、もうしばしお待ちくださいませ。


ひとことで言うと


リテイク機能とは、


「テイクを録り溜めてから、一番いいやつを選んで投稿することができる」

という機能です。

エフェクト画面の上部にある「Take ○」の表示をタップすると使うことができます。


どんな時に使うの?


「何回も何回も録り直したけど、結局最初のやつが一番よかった気がする…」

とか思うこと、ありますよね。そんなお悩みは、リテイク機能を使えば解決します。

また、


「違う歌い方を試して、どっちがいいか聞き比べてみたい」

「勉強の気分転換にちょっと歌ってみたらすごくいいのが録れちゃった!でも音量とかちゃんと調整してる暇ないよ〜」

みたいな時も便利に使えるかと思います。

単純に「すごくいいのが録れたのに間違って消しちゃった」事故の防止にもなりますね。


使い方


まず、普通に好きな曲を歌う・弾くなどして録音してみましょう。

録音画面のスクリーンショット


録音後にエフェクト画面で再生してみると、いまいち気に入らないところがありました。

Retakeをタップするか、戻るボタンを押して録音画面に戻ります。ここまではいつもどおりですね。

録音画面のスクリーンショット1


録り直してエフェクト画面に移動すると、「Take 2」という表示に変わっています。

エフェクト画面のスクリーンショット2


タップすると、今までのテイクが保存されています。

テイク一覧画面のスクリーンショット


録り直しするたびに、自動的にテイクが保存されていきます。

満足いくまで録ったらテイクを聞き比べてみて、一番いいと思ったテイクを投稿してください。


注意事項


◆テイク一覧から選ぶと、エフェクトや音量はリセットされています。投稿したいテイクを決めてから、再調整してください

◆投稿せずに録音を終了してもテイクは残っていますが、コラボ録音を行っていた場合、コラボ元のサウンドは一緒に保存されていません。

なので、後から投稿し直そうとすると、違う曲の伴奏が重なっていたり、伴奏が消えた!?なんてことがあります。

その場合はコラボしたいサウンドを開き直して、一度エフェクト画面に移動してから、投稿したいテイクを選んでください。

(ややこしいですね、ごめんなさい)

◆投稿が完了した時点で過去のテイクは消去されます

◆アプリを削除するとテイクが消去されます


いいテイクまでうっかり消してしまわないように、「取っておきたいテイクが録れた」と思ったらとりあえず投稿しておきましょう!

人に聞かれたくない場合はシークレット投稿機能を使ってくださいね。


裏ワザ


アプリを終了しても、テイクは残ります。

そのため、忙しい時はとりあえず録っておいて、後でじっくり音量を調節したり、エフェクトを選び直したり…なんて使い方もできます。

また、電波が悪くて投稿ができないような状況でも、とりあえず録っておいて後から投稿できますね。

投稿する前に少し時間を置いて、改めて選び直すというのもありです。


先ほどもお伝えしたように、1曲でも何か投稿すると、その時点で保存されているテイクが全て消えてしまいます。

たくさん保存しておいて後で全部投稿、という使い方はできませんので、ご注意ください。



結構盛り沢山でしたが、使いこなせば強力な武器になる「リテイク機能」、ぜひどんどん使ってみてください!




nanaをまだインストールしていない人はダウンロードしてみましょう。
アプリは無料、ダウンロードはこちらから!
Button_AppStorebutton_android



アンザイ http://hibari.nana-music.com/w/profile/4513/ 歌うのが好きなひとです。